万雷羽






行く手に待つと言うけれど
そこに行くとは言っていないのさ

微生物宮殿を迂回する
万雷羽

ゆっくり方向に進展させる
万雷羽移動

かの天使さえ
万雷羽

兵隊規範らの
うなだれた行進を
牧草畑にする詩人と

錆びた銀河軸を棒高跳びとして跳躍する冒険家

詩人と冒険家を載せて
万雷羽






人間の声しばらく過ごす惑星






小さな道
下り坂の小さな道

小さな鳥
美しい翼を誇る小さな鳥

大気に押され
草群昼寝を標榜する

語り部に昔扇ありて
仰ぐ姿のお嬢な葉

人間の声を置いて
立ち去りし者等ありて
人間の声しばらく残る

人間の声しばらく過ごす惑星





愉快な永遠






並ぶけれど
おだやかな規則となって

歌うけれど
くすっとしたお喋りのように

アレンジするので
伝言なんて
多様な物語

寄り添ってるけれど
好奇心旺盛なひとりごと

愉快な永遠

愉快な仲間

なだらかに
真の存在ありけり





ホンショクと異人






広い宇宙空間とかいうけれど。実際せまい。じゅうたいでぎゅうぎゅう。

ホンショクは恒星間を移動する船にぎゅうぎゅう。ホンショクとは、ホンライの植物、地球で菌類と呼ばれる生物はホンショクのパフォーマンスのひとつ。

地球で言葉と呼ばれるもの、それはホンショクのパフォーマンスの胞子に違いない。

知るのは異人?いや、知らないほとんどの者こそ異人。

と、ホンニンは言う





美しい世界






我らの世界

奴らの世界じゃない

騒音となって侵攻する奴らの世界じゃない
利益の追求に追い立てられているのは奴ら
追い立てようと企てるのだって奴ら

争乱となって地獄深く沈んで行くのだって奴ら

我らの世界美しい豊かな世界





可笑しい






胞子によって広がるその要求を進化という
なら慌ただしい

荒涼とした小惑星だと思ったとする
けれど
それは移動手段に過ぎない
なら慌ただしい

森を押し進めると同時に変化を飽和させる
としたら慌ただしい

鬼の菌糸こそあのツノなら慌ただしい

虎のパンツこそ菌類制覇地図なら
慌ただしい

時計としているその慌ただしさこそ
菌類のおっちょこちょいなら
可笑しい





霊峰真詩






霊峰じゃった

霊峰に座して

静かにしてた

楽器やら歌やら
恋しくなかった
退屈など最初から
なかった

霊峰じゃったから

鍛え上げられた
せいじゃとなって
座していたんじゃろよ

遊ぶ星々となって
隣り合って
静かな賑わいと
なって存在する
喜びに少し震えて
いたんじゃろよ