若夏な正午






うなばらを両手で抱える島々

島々を懐に抱えるうなばら

蝉の配置は立派

立派な音
客席にふってくるから
嬉しい

嬉しいうなばら
嬉しい島々
嬉しい自然

若夏な正午






サラダ菜スタイル






浴衣を来て夜の市場へ

サラダ菜買って

ドレッシングは天の川

さらりと微風

サラダ菜スタイル





静寂のホンタイ



大きな木が数本あって、石段九段の上に慰霊塔あり。
風。大きな木は大きな木なりの音をたてる。小さな木は小さな木なりの音をたてる。柔らかい葉堅い葉それぞれ音を振り分けられて音降りしきる。

恒星に向かい、惑星に向かう木々。はっきりとした美しさ。
すでにして沖縄に蝉音賑わいに満ちて星座のような構成。慰霊塔は静か。





コスプレパレード






オレンジの船以外の
船はどうにも
いかにもほんとうに
ずっと僕ら誠実に
船としてありました
ような雰囲気

オレンジの船は
コスプレパレードから
はぐれたてのような
雰囲気

高揚しながらのアレレ
アレレのパレード

オレンジの船は
夕陽の門を当然のように通過して行きました





アリリズム






二足歩行変化リズム
草原のリズム
変遷途上に音楽

アリクローン
人間の集団行動集団増加によるシンクロとして音楽
共通時間と音楽


褒美と音楽

物語とリズム

言葉商売
バナナと魚と
そこで言葉を使う





野花






数々の誉高き勲章は

フェンスを越せず

将軍の立派なスリッパも

フェンスを越せず

野花笑いけり





トップリーダー






ビニールハウスの辺りに舞い降りたのだ

群衆が寒くて震えて待っているビニールハウスの辺りに舞い降りたのだ

「ビニハウ!」に群衆が応えたのだ

「ビニハウ!」百獣の如く群衆が応えたのだ「ビニハウ!」

「我はリーダーなりや?」

群衆が応えた「我はリーダーなりや?」

リーダーは「いや、そうじゃなくて。訊いてるんだから、答えなさいよ群衆ども。
我はリーダーなりや?」

群衆が応えた「いや、そうじゃなくて。訊いてるんだから、答えなさいよ群衆ども。我はリーダーなりや?」

ビニールハウスが笑っていた